ほしをよむ

西洋占星術を勉強するためのブログ

【占い結果】自分との向き合い方/仕事を続けられるか/離婚は良いことか

ほしをよむ占い結果

「ほしをよむ」では管理人のよむ子が勉強のために、みなさんからお悩み相談を募集しています。

教えていただいたお悩みにはできる範囲で回答をし、許可をいただいた上で掲載しています。

詳細は【無料占い】ホロスコープ鑑定&お悩み相談メール募集中!のページをご覧くださいね。

お悩み

2017年に離婚をしようと決意し、パート勤務だったのを、2018年夏から転職を繰り返し今の仕事にかわりやっと落ち着いたところです。

単身赴任の主人にも気持ちは伝えましたが、子供が成人するまでは生活はこのままということになっています。ここへきて将来離婚することが正しいのか、迷い始めています。金銭的に主人から自立出来、ある意味気持ちが楽になり、このままでいいように思えてきたのだと思います。

そして老後の金銭的な不安と自分の性格でこのままやっていけるのかの不安もあります。性格というのは、常に周囲の空気ばかり読んで気持ちを出せないというものです。そして人と比較ばかりして落ち込んだり左右されたりしやすいです。それを隠して見栄を張り人とつきあう為、とても疲れてしまいます。このような性格で職場で長く勤めていけるのか自信が持てないでいます。

自分の性質とどう向き合えばよいか、12月からはじめた仕事は続けていけるか、また離婚がいいことかどうか、みていただけると嬉しいです。盛りだくさんで恐れ入りますが宜しくお願いします(アンさん/女性)


アンさんのお悩みは、「①自分との向き合い方、②仕事を続けられるどうか、③離婚は良いことかどうか」の3つあるということですね。

たくさん悩みがあるように思いますが、実は根っこは同じのような気がします。

では今回は仕事や対人関係のハウスを中心に、アンさんはどんな性格なのかを読んでみますね。

ホロスコープ鑑定

ほしをよむホロスコープ鑑定画像

ホロスコープ作成:heliocentric占星術

1ハウス:自分自身

自分自身を表す1ハウスには、木星と海王星、5度前ルールにより金星も入っているとみなします。

1ハウスの木星は良い意味での大らかさを、金星は対人関係での人の良さを意味します。

しかし木星・金星・アセンダントのサインは蠍座なので、その対象は狭く深いものになるかと思います。

そして海王星は、曖昧さや優しさも意味するので、もしかすると自分と他人の境目がわかりにくいのかもしれませんね。

7ハウス:対人関係

対人関係を表す7ハウスには、月と土星が入っています。

7ハウスの月は相手の気持ちを重視し、土星は相手に厳しさを求める傾向にあります。

月・土星・ディセンダントのサインは牡牛座なので、その相手は自分へのこだわりを持っているのではないでしょうか。

7ハウスの月・土星は0度(コンジャンクション)で強調、さらにそれぞれ1ハウスの木星・金星と180度(オポジション)で対立しています。

そのため自分と相手の感情がないまぜになることと、自分自身への制限がアンさんのキーワードになるのではないでしょうか。

12ハウス:無意識

無意識を表す12ハウスには、火星が入っています。

12ハウスの火星は、抑圧された怒りや攻撃性を意味します。

さらにこの火星にはアスペクトがない(ノーアスペクト)ので暴走または抑圧を表すので、人に怒ることができないか、逆にものすごく怒りをぶつけてしまう傾向にあります。

火星のサインは蠍座なので、その感情は良く言えば一途、悪く言えば執着心があるのではないでしょうか。

インコンジャンクト:葛藤

アンさんの2ハウスの太陽と7ハウスの土星は、150度(インコンジャンクト)のお互いが葛藤する関係になっています。

どんな関係かというと、自分の感覚や能力を使って目標を達成したい大らかな太陽と、それを制限しようとしてくる頑固な土星ですね。

恐らくアンさんの人間関係の悩みは、この部分の葛藤が大きいのではないかと思います。

回答

今までの人生で、かなりしんどい思いをされたのではないかと思います。

きっとアンさんは優しい方なのだと思いますが、そのせいで相手を主体に自分の人生を生きてしまうのではないでしょうか。

もちろんそれはアンさんの個性であり、悪いことではありません!なのでどのように折り合いをつければいいのかを、一緒に考えてみましょうね。

自分との向き合い方

私が一番気になったのは、火星ノーアスペクトです。ノーアスペクトは使うことを意識しなければ、眠ったままの存在になりがちです。

例えばスポーツなどで自分の中にあるエネルギーを発散することですね。つまりは自分の感情(特に怒りなどの負の感情)を外に出してあげることが重要です。

だからスポーツでなくても、一人でこっそり打ち込める趣味や発散できるものがあれば、それで大丈夫ですよ。まずはそこを意識してみましょうね。

そして徐々に、人に対しても感情を出していく感覚を掴むと良いのではないかと思います。

仕事を続けられるどうか

アンさんが今勤めている職場が良いか悪いかは、私にはわかりません。ですが人間関係において、アンさんは「とても疲れてしまいます」とも書いてあります。

だとすると、考えられる方法としては「周囲の空気を読みすぎるのは自分の長所だと思ってこのまま過ごす」か、「いっそ人と全く関わらない職に就く」かのどちらかだと思います。

空気を読みたくても読めない人もいます。そしてアンさんはたまたま、「空気を読みすぎることができる」のです。

だからといって、アンさんだけが我慢して疲弊し続ける必要はありませんよ!

自分の性格をきちんと理解して、自分が生きやすいように環境を変えていくのがベストなんじゃないかなぁと私は思います。

離婚は良いことかどうか

これも、私にはどちらが良いことなのかはわかりません。アンさんは、どうして離婚したいと思ったのでしょうか?

恐らく「空気を読みすぎる」ところに原因があるのではないかと思いますが、しかしアンさんは「このままでいいように思えてきた」とも書いています。

アンさんはきっと人の感情に敏感なので、辛いなら離れるのも一つの手です。しかし旦那さんが単身赴任中なら、物理的な距離は離れていますよね。

なので今すぐ良いか悪いかなんて判断しなくても、きっとなるようになるはずです。そしてもちろん、離婚にはお互いの合意が必要です。

もう少し時間はあるはずなので、お子さんが成人するまで結論を急がなくても良いのではないでしょうか。

まとめ

実は私にも、太陽と土星のインコンジャンクトがあります。

そもそもインコンジャンクトは、「葛藤するけど修行して鍛えると才能になる」というような角度(アスペクト)です。

私は人と接することが苦手なので、修行することなくできるだけ避けて生きています。

能力があるからってそれを無理やり使う必要はないし、逆に頑張って自分のものにしても良いはずです!

どんな人生を生きたって、人に迷惑をかけない範囲で本人が良いならそれでいいんじゃないかなぁと私は思います。

お悩みを教えてくださってありがとうございました!アンさんが生きやすい人生になれば良いですね。