ほしをよむ

西洋占星術を勉強するためのブログ

【12星座占い】乙女座は繊細!性格と相性がわかる独学占星術

ほしをよむ12星座占い

西洋占星術では、12星座のことをサインと呼びます。

第6回目は、おとめ座サインの性格と相性についてまとめてみました。

その他のサインについては、【独学占星術】12星座の性格一覧!サインで簡単な星座占いをご覧くださいね。

乙女座の特徴

ほしをよむ乙女座イラスト


シンボルカラー:水色
部位:腸/消化器系
ルーラー:水星
区分:女性宮/柔軟宮/地


乙女座の性格

乙女座はその名前の通り、少女のように繊細な星座です。

か弱いというよりかは、どちらかというと細かいところにまで目が行き届く傾向にあります。

理想を夢見るだけでなく、細部まで丁寧にこなそうとしたり、きっちりやり遂げようとする現実的な一面もあります。

そのため分析批判などの性質も併せ持っていますが、それは傷つきたくないからこその臆病さから来るものなのかもしれません。

しかしその分実務的な能力に長けているため、社会においてなくてはならない存在とも言えます。

POINT

乙女座の性格は繊細で現実的!


乙女座の恋愛

客観的に相手を観察するので、恋に恋するような状態にはなりづらいのかもしれません。

また、結婚を視野に入れるなど、安心できる誠実な付き合いを好む傾向にます。

大恋愛をするのではなく、身近な相手や手の届きそうな相手と地に足のついた恋愛を求めるでしょう。

POINT

乙女座は恋愛に安心感を求める!


乙女座の仕事

与えられた仕事をこなす能力が高いため、何事もそつなくこなせる傾向にあります。

特に事務会計など、細やかな作業が得意分野なのかもしれません。

ただし仕事に神経質になりすぎると体調を崩しやすいので、注意する必要があります。

POINT

乙女座の適職は忠実で細かい仕事!


乙女座の相性

ほしよむ相性のイラスト
星座は、火・地・風・水の4区分(エレメント)に分けられます。

エレメントの種類によって、それぞれに相性の良し悪しがあります。

エレメントの詳細については、【独学占星術】ホロスコープの区分でわかる!ざっくり性格占いをご覧くださいね。

似たもの同士の星座

牡牛座:地のエレメント
乙女座:地のエレメント
山羊座:地のエレメント


安定を求める性質を持つのエレメントは、乙女座の地の属性と穏やかな関係になります。

コツコツと慎重な乙女座は、地の星座の現実性に落ち着きます。

ただし安定しすぎて、盛り上がりに欠けることもあるかもしれません。

POINT

地の星座とは落ち着く!
ただし安定しすぎることも!


助け合える星座

蟹座:水のエレメント
蠍座:水のエレメント
魚座:水のエレメント


くっつきたがる性質を持つのエレメントの星座は、乙女座の地の要素と補い合える関係です。

少し神経質な乙女座は、水の星座の優しさに安心します。

ただしマンネリを起こしやすいので、時には新しいことにも挑戦することが大事です。

POINT

水の星座とは安心できる!
ただし時には挑戦も大事!


正反対の星座

双子座:風のエレメント
天秤座:風のエレメント
水瓶座:風のエレメント


目に見えないものを重視するのエレメントは、乙女座の地の要素と深入りしないような関係です。

現実的な乙女座は、目に見えないものを重視する風の星座と正反対の性質を持っています。

ただし相手の価値観を理解することができれば、ほどよい関係になるでしょう。

POINT

風の星座とは深入りしない!
ただし理解できればほどよい関係に!


衝突しがちな星座

牡羊座:火のエレメント
獅子座:火のエレメント
射手座:火のエレメント


エネルギーに溢れる性質を持つのエレメントは、乙女座の地の要素と反発し合う関係です。

堅実な乙女座は、エネルギッシュな火の星座にたじろいでしまうかもしれません。

ただし火の星座のエネルギーは、行動力を得るきっかけにもなるでしょう。

POINT

火の星座にはたじろいでしまう!
ただし行動力を得ることも!


まとめ

12星座は、全ての星座がストーリーになって繋がっています。

そのため単独で星座を覚えるよりも、12星座の最初から順番に覚えた方が意味を理解しやすいです。

乙女座の次は天秤座なので、気になる方は【12星座占い】天秤座は社交的!性格と相性がわかる独学占星術の記事をご覧くださいね。


おすすめの記事
www.hoshiwoyomu.site


12星座占いの記事

牡羊座
牡牛座
双子座
蟹座
獅子座
⑥ 乙女座
天秤座
蠍座
射手座
山羊座
水瓶座
魚座