ほしをよむ

西洋占星術を勉強するためのブログ

【独学占星術】ホロスコープのハウスで恋愛・結婚・仕事運を読む!

ほしをよむ独学占星術

ホロスコープは、12個のエリアによって分けられています。

ケーキのように切り分けられた一つ一つのエリアのことを、ハウスと呼びます。

今回は、このハウスについて説明していきますね。

ハウスについて

ほしをよむ独学占星術

ホロスコープ作成:heliocentric占星術

ホロスコープの1~12の番号が振ってある場所のことを、ハウスといいます。

ホロスコープの作り方については、【独学占星術】初心者向けおすすめ本3冊+αと勉強法についての記事をご覧くださいね。

ハウスにある天体の種類によって、細かい意味は多少違いますが、まずはそれぞれのハウスの説明をしていきますね。

1ハウス:名声運

f:id:kotoshinoefoo:20180918171446p:plain

ホロスコープ作成:heliocentric占星術

それぞれのハウスは、カスプという境界線で区切られています。

1ハウスは、自分の本質を表すアセンダントというカスプから始まります。

なので、1ハウスは自分自身個性に関係する場所です。

つまりこの1ハウスに天体があると、自分に対して力を発揮するので、必然的に人の印象に残りやすいです。

POINT

1ハウスは自分の個性!


2ハウス:金運

ほしをよむ独学占星術

ホロスコープ作成:heliocentric占星術

2ハウスは、自分で得る収入を表します。

1ハウスで芽生えた自我は、次の2ハウスで所有物に執着するようになります。

2ハウスに天体があると、自分の稼ぐお金感覚などに意味を見出します。

そのため、コレクターだったり、中には商才があったりする人も多いです。

POINT

2ハウスは自分のお金や感覚!


3ハウス:勉強運

ほしをよむ独学占星術

ホロスコープ作成:heliocentric占星術

3ハウスは、コミュニケーション学習能力を表します。

2ハウスで所有物に興味を持った後は、自分の身の周りの世界で好奇心が育ちます。

3ハウスに天体があると、読み書き弁論が得意だったり、旅行流行にも興味があったりします。

そのため、体ではなく頭で覚えることが得意な傾向があります。

POINT

3ハウスは好奇心や言語能力!


4ハウス:家族運

ほしをよむ独学占星術

ホロスコープ作成:heliocentric占星術

4ハウスは、家族子供時代を表します。

4ハウスのカスプは、安らげる場所や空間を表すICです。

なので4ハウスは、自宅家庭環境なども意味します。

また、不動産母親など、家と関わりの深いものも指します。

POINT

4ハウスは家族や家庭環境!


5ハウス:恋愛運

ほしをよむ独学占星術

ホロスコープ作成:heliocentric占星術

5ハウスは、趣味や娯楽を表します。

それ以外にも、自分で何かを楽しむといった趣味創作などの自己表現も含まれます。

5ハウスは、自分が好きなもの愛するものを表しています。

そのため、恋愛以外にも子どもを産んで育てるという意味もあります。

POINT

5ハウスは恋愛や趣味!


6ハウス:労働運

ほしをよむ独学占星術

ホロスコープ作成:heliocentric占星術

6ハウスは、日々の労働健康を表しています。

日々の労働には、仕事のような雇用はもちろん、家事も含まれています。

6ハウスに天体があると、何かのために働いてしまう傾向があります。

そのため、無理をして体調を崩してしまうこともあるので、健康管理とも関りがあるハウスです。

POINT

6ハウスは労働や健康!


7ハウス:結婚運

ほしをよむ独学占星術

ホロスコープ作成:heliocentric占星術

7ハウスのカスプは、パートナーなどの身近な相手のことを指します。

また、1ハウスの反対にあるため、自分ではなく他人を表しています。

1~6ハウスまでは個人(自分)を表す場所だったのですが、この7ハウスからは社会(相手)が深く関わってきます。

その他にも、結婚相手や時にはライバルなども意味しているハウスです。

POINT

7ハウスは結婚相手!


8ハウス:相続運

ほしをよむ独学占星術

ホロスコープ作成:heliocentric占星術

8ハウスは、遺産配偶者のお金を表します。

2ハウスの反対にあるため、自分のものではなく、他人からもたらされるものということになります。

両親や配偶者など相手と深く関わることで得られるものを指すので、遺伝才能なども含まれます。

その他にも、身近な相手から貰うということで、性行為についても意味しています。

POINT

8ハウスは身近な人から貰うお金!


9ハウス:旅行運

ほしをよむ独学占星術

ホロスコープ作成:heliocentric占星術

9ハウスは、哲学探求心を表しています。

3ハウスの反対にあるので、自分の身の回りより遠い場所ということになります。

探求心とは、未知の世界への好奇心のことをいいます。

そのため海外旅行や、抽象的な精神世界への没入を意味する宗教などとも縁があるハウスです。

POINT

9ハウスは海外旅行や探求心!


10ハウス:仕事運

ほしをよむ独学占星術

ホロスコープ作成:heliocentric占星術

10ハウスのカスプは、社会を表しています。

そのため、10ハウスは野心キャリアなどを意味しています。

4ハウスの反対にあるので、プライベートではなく家の外ということになります。

単純に仕事だけでなく、社会的な立場人生の目標も含まれています。

また、職場父親などのイメージとも関りのあるハウスです。

POINT

10ハウスは仕事や人生の目標!


11ハウス:交友運

ほしをよむ独学占星術

ホロスコープ作成:heliocentric占星術

11ハウスは、友人仕事以外のグループを表しています。

5ハウスの反対にあるので、自分だけの楽しみではなく、集団での楽しみということになります。

友人関係以外にも、趣味の同好会部活動なども含まれています。

10ハウスは一つの定職を表すのですが、11ハウスはもっと広い繋がりとしての社会のことをいいます。

POINT

11ハウスは交友関係や仲間!


12ハウス:ネット運

ほしをよむ独学占星術

ホロスコープ作成:heliocentric占星術

12ハウスは、精神性目に見えないものを表します。

6ハウスの反対にあるので、お金を得るための労働ではなく、ボランティア的な労働ということになります。

目に見えないものとは、今の時代で言うと、インターネットSNSなどの形のない社会が近いですね。

その他にも、秘密プライベートなども意味として含まれています。

POINT

12ハウスはネットやプライベート!


ハウスに関すること

5度前ルール

例外として、ハウスの5度前にいる天体は、次のハウスの天体とみなします。

ただしカスプのサイン天体のサインが同じ場合のみ、このルールは適用されます。

つまり、カスプと天体のサインが同じで、ハウスの終わりに天体がいたら要注意です!

POINT

5度前ルールは次のハウス!


インターセプト

一つのハウスが広く、サインがすっぽりと覆われている状態をインターセプトといいます。

インターセプトのサインは苦手意識葛藤があるため、自分では意識しずらかったり、大切に守ろうとする傾向にあります。

また、そのサインを理解するのに時間がかかるので、大器晩成型とも言われています。

POINT

インターセプトは大器晩成型!


まとめ

今回は、大まかに12ハウスについての説明をしてみました。

各ハウスに入っている天体同士の角度(アスペクト)によって、さらに詳しくホロスコープを読むことができます。

アスペクトについては、以下の記事をご覧くださいね。


おすすめの記事

www.hoshiwoyomu.site


独学占星術の基礎講座

入門書と勉強法
ホロスコープの簡単な読み方
ASC, DES, IC, MCの意味
12サインの意味
サインの2, 3, 4区分の意味
10天体の意味
⑦ 12ハウスの意味
メジャーアスペクトの意味