ほしをよむ

西洋占星術を勉強するためのブログ

【12星座占い】蟹座は感情豊か!性格と相性がわかる独学占星術

ほしをよむ12星座占い

西洋占星術では、12星座のことをサインと呼びます。

第4回目は、かに座サインの性格と相性についてまとめてみました。

その他のサインについては、【独学占星術】12星座の性格一覧!サインで簡単な星座占いをご覧くださいね。

蟹座の特徴

ほしをよむ蟹座イラスト


シンボルカラー:銀色
部位:胸/胃
ルーラー:
区分:女性宮/活動宮/水


蟹座の性格

固い殻で覆われた蟹のように、内と外に線引きをし、自分の内側にある家族などの大事なものを守ろうとします。

蟹座は母性的とも言われる星座ですが、実はその内側にあるものは豊かな感情です。

しかし心を許した人にしか自分の内面を見せないため、基本的には引っ込み思案内弁慶な星座です。

また、善悪よりも好き嫌いで物事を測るため、感情に左右されやすく気分屋な傾向も。

しかし何かを守るためなら、手段を厭わず行動するような大胆な一面もあります。

POINT

蟹座の性格は感情豊かで行動的!


蟹座の恋愛

新しい場所よりも馴染みの場所に安心する蟹座は、自分の通う学校職場などで恋愛をすることが多いでしょう。

感情が波立つ激しい恋よりも、どちらかというと穏やかで優しい愛を好む傾向にあります。

愛する人のためなら献身的に尽くそうとするので、恋愛よりも結婚に向いているのかもしれませんね。

POINT

蟹座の恋愛は恋よりも愛!


蟹座の仕事

蟹座は何かを模倣し、そこから創意工夫をすることが得意な星座なので、発展的な仕事を好みます。

また、心のない冷たいやり取りよりも、温かな感情の交流を好む傾向にあります。

そのため殺伐とした環境よりもアットホームな職場や、人と関わる接客業などに向いているのかもしれません。

POINT

蟹座の適職は温かで発展的な仕事!


蟹座の相性

ほしよむ相性のイラスト
星座は、火・地・風・水の4区分(エレメント)に分けられます。

エレメントの種類によって、それぞれに相性の良し悪しがあります。

エレメントの詳細については、【独学占星術】ホロスコープの区分でわかる!ざっくり性格占いをご覧くださいね。

似たもの同士の星座

蟹座:水のエレメント
蠍座:水のエレメント
魚座:水のエレメント


くっつきたがる性質を持つのエレメントの星座は、蟹座の水の要素と調和します。

お互いにを重視する性質を持っているので、相手の気持ちを理解しやすいです。

ただしその分、感情的になりすぎてしまうこともあるので、注意が必要です。

POINT

水の星座とは分かり合える!
ただし感情的にならないよう注意!


助け合える星座

牡牛座:地のエレメント
乙女座:地のエレメント
山羊座:地のエレメント


安定を求める性質を持つのエレメントは、蟹座の水の属性と協力関係にあります。

感情を大事にする蟹座は、地の属性のどっしりとした器の大きさに安心します。

ただしお互いに安定感を求めすぎると、新しいことに挑戦しづらくなるのかもしれません。

POINT

地の星座とは協力関係!
ただし時には新しいことにも挑戦!


正反対の星座

牡羊座:火のエレメント
獅子座:火のエレメント
射手座:火のエレメント


エネルギーに溢れる性質を持つのエレメントは、蟹座の水の要素と反発します。

誰かに寄り添っていたい蟹座にとって、火の要素は攻撃的で激しく映ります。

ただしお互いが協力することで、ないものを補い合える関係になることもできます。

POINT

火の星座とは反発しがち!
ただしないものを補い合えることも!


衝突しがちな星座

双子座:風のエレメント
天秤座:風のエレメント
水瓶座:風のエレメント


目に見えないものを重視するのエレメントは、蟹座の水の要素と衝突しがちです。

静かに感情を保ちたい蟹座にとって、風の拡散する性質は心を波立たせてしまいます。

ただしお互いの性質を理解することで、今までにない新たな価値観を得ることができます。

POINT

風の星座とは波立ってしまう!
ただし理解できれば新たな価値観に!


まとめ

12星座は、全ての星座がストーリーになって繋がっています。

そのため単独で星座を覚えるよりも、12星座の最初から順番に覚えた方が意味を理解しやすいです。

蟹座の次は獅子座なので、気になる方は【12星座占い】獅子座は努力家!性格と相性がわかる独学占星術の記事をご覧くださいね。


おすすめの記事
www.hoshiwoyomu.site


12星座占いの記事

牡羊座
牡牛座
双子座
④ 蟹座
獅子座
乙女座
天秤座
蠍座
射手座
山羊座
水瓶座
魚座