ほしをよむ

西洋占星術を勉強するためのブログ

【占い結果】仕事で人の助言と自分の考えどちらを大事にするべきか

ほしをよむ占い結果

「ほしをよむ」では管理人のよむ子が勉強のために、みなさんからお悩み相談を募集しています。

教えていただいたお悩みにはできる範囲で回答をし、許可をいただいた上で掲載しています。

詳細は【無料占い】ホロスコープ鑑定&お悩み相談メール募集中!のページをご覧くださいね。

お悩み

よむ子さん、はじめまして。数ヶ月前にホームページを拝見し楽しく読ませて頂いております。

無料相談させていただけること大変有り難いです、ありがとうございます。悩みは「太陽星座と月星座の葛藤について」です。

私はネット検索程度のごく浅い占星術の知識があります。(総合的に読んだりなどは全く出来ません、各惑星や星座等の意味を覚えただけです)

仕事で悩んでいた時に、太陽が社交的な天秤座なのに対して、月が秘密主義で内向的な蠍座とわかり妙に納得しました。それからは水のエレメントらしい感情や情緒を大事にするようになったら、色々楽になりました。

ですが、仕事のやり方がずっと定まらず風と水が綱引きをしているような感覚があります。占星術を知ってから、水のエレメント優先でやって数年は上手く行ってたのですが、このところ行き詰まってしまってます。

また、ずっと父性的なものからの卒業がテーマに感じておりこのところその想いが顕著になっています。仕事面でもアイデンティティでも。

抽象的になってしまいましたが、よむ子さんに私のホロスコープから読んで頂けましたら幸いです。(二角形さん/女性)


いつも見てくださってありがとうございます!そう言っていただけてとても嬉しいです!

二角形さんのお悩みは、

仕事で人の助言と自分の考えどちらを大事にするべきか


ということですね。

では今回は仕事関係のハウスを中心に、二角形さんの葛藤についてを読んでみますね。

ホロスコープ鑑定

ほしをよむホロスコープ鑑定画像

ホロスコープ作成:heliocentric占星術

4ハウス:家庭環境

4ハウスは小さな集団や身内を、天秤座の太陽は他者との対比で自己を確立するという意味があります。

さらに土星と木星がコンジャンクション(合)になっているのですが、土星は厳しさを、木星は大らかさを表しています。

土星と木星の合をグレートコンジャンクションといいますが、これは自身を制限することでより拡がっていくので大器晩成型でもあります。

5ハウス:自己表現

5ハウスは自己表現を、蠍座の月は相手との深い関わりを意味します。

また、木星と天王星は次のハウスに近い(5度前ルール)ので、両方のハウスにあると見なします。

なので明るく自分らしく楽しみたい天秤座の木星・冥王星と、相手と深く関わり楽しみたい蠍座の月・水星・金星・天王星があります。

6ハウス:労働

6ハウスは労働や雇用を表すので、天王星は独自のやり方を、海王星は不規則な仕事を意味します。

二角形さんの6ハウスと12ハウスは星座(サイン)がすっぽりと覆われているのですが、これをインターセプトといいます。

なので射手座の探究心や自由さや、双子座の好奇心や社交性に対して、大事だったり苦手だったりと感じることがあるかもしれません。

10ハウス:仕事

二角形さんのホロスコープは、ほとんどがプライベートを表す北半球(下側)に偏っています。

しかし社会を表す南半球(上側)の中でも、組織や仕事を表す10ハウスにだけ小惑星のエリスフォルスが入っていました。

小惑星なので10天体ほど強い影響はありませんが、エリスは反抗を、フォルスは自己犠牲を意味しています。

回答

全体的に正反対の要素が存在しているホロスコープだと思いました。ですがもちろん、それは悪いことではありませんよ!

もしかすると二角形さんは太陽星座と月星座の葛藤だけでなく、自分と他人との間でも葛藤しているのではないでしょうか?

そんな二角形さんの性質を仕事で利用していく方法を、一緒に考えてみましょう。

風と水の葛藤

二角形さんのお悩みにもあった天秤座と蠍座(風と水)ですが、これはどちらも他者が重要なポイントです。

天秤座は社交的とも言われているサインですが、それは相手を知り柔軟に合わせようとするからです。

そして蠍座は内向的で秘密主義でもありますが、特定の相手と深く関わり一体化しようとするサインです。

一見正反対なようにも思えますが、しかしどちらも他者がいることによって成り立ちます。

父性的なものからの卒業

二角形さんの思う「父性的なもの」の全ては私には分かりませんが、例えば権力や社会などは、もしかすると父親のような厳しさとイコールなのかもしれません。

10ハウスのエリスとフォルスですが、こちらも正反対の要素が同時に存在しているように思えます。

しかしフォルスは自己犠牲を意味するので、そこには痛みや辛さが伴うのかもしれません。

また、4ハウスは家庭の意味を持つので、10ハウスの社会の意味と対になります。

そして2つのハウスの天体はそれぞれオポジション(180度)対立しているので、そこから逃れたいと思うのかもしれませんね。

どちらを大事にするべきか

どちらも大事にするべきなのではないかと思います。しかしそれは、二角形さん自身が決めることだとも思います。

とても複雑な要素が絡み合っているので、これは葛藤せざるを得ないと思います。だからきっと、これからも葛藤するのかもしれません。

でも、葛藤することは不幸なことでも悲しいことでもなく、ただ二角形さんはそういう人生を歩むということなんだと思います。

二角形さんにとっての家庭や社会のイメージって、一体どんなものでしょうか?

自分の性質を理解して、自分にぴったりのバランスを見つけられるといいですね。

まとめ

西洋占星術は奥深いのでこの回答では全てを説明しきれないですし、私もまだまだ勉強中です。

もし興味があるのなら、二角形さんもぜひもっと西洋占星術学ばれてみるのも良いのではないかと思いました。

この回答が、二角形さんの仕事に対するヒントになれば幸いです。

お悩みを教えてくださってありがとうございました!二角形さんのお仕事が上手くいくよう、祈っています。