ほしをよむ

西洋占星術を勉強するためのブログ

【占い結果】結婚に向かないのか、どんな人がパートナーに向いているのか?

ほしをよむ占い結果

「ほしをよむ」では管理人のよむ子が勉強のために、みなさんからお悩み相談を募集しています。

教えていただいたお悩みにはできる範囲で回答をし、許可をいただいた上で掲載しています。

詳細は【無料占い】ホロスコープ鑑定&お悩み相談メール募集中!のページをご覧くださいね。

お悩み

私はバツイチで、もう子供も大きくなったので、これからの人生を共にするパートナーがいてくれたらと思ってます。

ただ今まで、離婚してがむしゃらに自営業を立ち上げてきたので、仕事にとても一途なところがあります。正直、家庭におさまりたい気持ちはありません。束縛されると辛いです。

こんな私は、結婚が向かないのか、それともどんなパートナーだったら上手くいくのかが知りたいです。

一度失敗しているだけに、一歩踏み出せないのが今の悩みで、歳をとるたびに自信がなくなるばかりです。どうぞ宜しくお願いします。(mikoさん/女性)


mikoさんのお悩みは、「自分が結婚に向かないのか、どんなパートナーだったら上手くいくのか知りたい」ということですね。

ということは、結婚に関連するハウスや、パートナーを表すディセンダントなどを見ていくのが良いと思います。

では、mikoさんのホロスコープを読んでみましょう。

ホロスコープ鑑定

ほしをよむホロスコープ鑑定画像

ホロスコープ作成:heliocentric占星術

ディセンダント:対人

パートナー対人関係を表すのが、ディセンダントのサインです。

ディセンダントのサインは、自分と関りのある相手を表しています。

mikoさんのディセンダントは獅子座なので、自己表現が上手自分に芯のあるどっしり構えた人がヒントになるかもしれません。

7ハウス:パートナー

mikoさんの7ハウスには乙女座の月があります。乙女座は繊細、月は感情を意味しています。

あとで説明しますが、インターセプトというものにより、このハウスや天体の要素は実感しづらくなっています。

なので自分でも気づかない内に、人に左右されたり支配されやすくなる傾向にあるのかもしれません。

また、限度を超えるという意味の冥王星もあります。

8ハウス:結婚後の生活

8ハウスには、常識にとらわれない天王星があります。

そのため、パートナーや身近な人に変わった人を好んだり、一般的ではない結婚スタイルを求める傾向にあります。

8ハウスは深い気持ちのやりとりも表しますから、mikoさんにはどこか他人を求める気持ちがあるのかもしれません。

インターセプト:苦手・大事

mikoさんの1ハウス7ハウスには、それぞれ魚座乙女座のサインが隠れています。

これをインターセプトというのですが、隠れているサインの特徴が苦手にしていること、もしくは心の奥底で大事にしているという傾向があります。

魚座の性質は曖昧さ優しさ、乙女座の性質は繊細さ奥ゆかしさです。これらの特徴はmikoさんの中にあるのですが、なかなかご自身では意識しづらいのではないでしょうか?

回答

まず、ホロスコープにおいて結婚に向かない配置というものはないと思います。

読み取れるのはmikoさんが、結婚に関心があるかどうかだけなので、できないなんてことは全くないですよ!

もしmikoさんが結婚に対して少しでも興味があるのなら、どんな人が心地よいと感じるのかを一緒に考えていきましょうね。

mikoさんの性格

まずは、mikoさん自身がどういう人なのかを分析してみましょう。

気になったのが、mikoさんは人に深入りするか、もしくは深入りされやすい傾向にあるということです。

mikoさんは、人の気持ちを汲み取るのが上手だったりしませんか?また、人の些細な部分が気になったりはしませんか?

でも普段は、あまりそういった面は表に出ないのだと思います。なぜならインターセプトにより、その心は隠されているからです。

好きになる人

パートナーを表すディセンダントには、獅子座のサインがあります。獅子座は頼り甲斐や、包容力のある人を表します。

また、7ハウスには冥王星がありますが、これは運命的な出会いも意味しています。

もしかしたらmikoさんは、直感で人のことを好きになる傾向があるのではないでしょうか?

そしてなぜか、そういう人に支配されてしまう…そんな風に思ったことはありませんか?包容力や頼り甲斐は、時として高圧的な態度や自己主張にもなります。

どんな人がいいのか

mikoさんが好きになる方は、もしかすると自分の意志が強い方なのかもしれません。

なぜならmikoさんが、無意識のうちにそういう人を求める傾向にあるからです。

もう失敗したくないというのなら、「結婚生活が上手くいきそうな人」を選ぶことが重要です。例えば、mikoさんの気持ちを汲み取ってくれる人や、一緒にいて安心する人など…

どちらかというと、穏やかな男性が良いのかもしれませんね。

まとめ

どんな方と結婚するにしても、まずは自分の妥協点を探ってみてください。

自分がどこまでなら相手に深入りされても良いのかを、しっかりと把握しておくことが重要です。

mikoさんの「家庭におさまりたくない」という気持ちを、尊重してくれるような方と一緒になれるといいですね。

この回答に「何か違うな」と思ったら、どうかその気持ちを大事にしてみてください。

お悩みを教えてくださってありがとうございました!mikoさんが素敵な家庭を築けるよう、祈っていますね。