ほしをよむ

西洋占星術を勉強するためのブログ

【占い結果】心を開ける友人ができない。自分の人生をどう切り開けば?

ほしをよむ占い結果

「ほしをよむ」では管理人のよむ子が勉強のために、みなさんからお悩み相談を募集しています。

教えていただいたお悩みにはできる範囲で回答をし、許可をいただいた上で掲載しています。

詳細は【無料占い】ホロスコープ鑑定&お悩み相談メール募集中!のページをご覧くださいね。

お悩み

転勤に同伴して、なかなか心を開ける友人ができません。仕事で不在がちな夫の分も家事育児を担っていて、そんな中、自分の人生、仕事など、どのように切り開いていけばよいのかモヤモヤしています。(Shantiさん/女性)


Shantiさんは、大きく分けて二つの悩みがありますね。

一つは「新しい土地で心を開ける友人ができない」こと、もう一つは「自分の人生をどう切り開けばいいか」という悩みですね。

今回の場合は悩みのテーマが大きいので、ホロスコープ全体と、家庭・仕事・友人に関わるハウス(場所)を確認していきます。

では、さっそくShantiさんのホロスコープを読んでみましょう。

ホロスコープ鑑定

ほしをよむホロスコープ鑑定結果

ホロスコープ作成:heliocentric占星術

南半球の偏り:社会的

Shantiさんのホロスコープは、南半球に惑星が偏っているので、社会に対してとても関心が強い傾向にあります。

もちろん、ホロスコープの偏りは悪いことではないです!Shantiさんはとても社交的な方なんでしょうね。

なので自分一人で趣味や楽しみを追求するのではなく、仕事をして社会と関わったり、お友達と一緒に遊んだりすることの方が好きなのではないでしょうか?

また、活動宮が5個あり、地のエレメントが1個しかないので、じっと腰を据えることよりも常に動き回っていたいという気持ちの方が強いのではないかと思います。

8ハウス:家庭

8ハウスは、結婚後の生活や身近な人から貰うものを表しています。

太陽は夫も意味するので、単純にご主人の稼ぎと見ても良いですね。

あと、8ハウスの太陽と、2ハウスの木星がオポジション(180度)にあるので、金銭面で広がりすぎて収拾がつかなくなる可能性があります。お金にはあまり困らないのかもしれませんね。

しかし、誰かから何かを貰うということは、誰かのために尽くすということにもなります。Shantiさんは、身近な人のために自分を犠牲にしてしまいやすい傾向があるのではないでしょうか?

また、月は移り変わるということも意味しています。そんな身近な人のために行動してしまうことで、Shantiさん自身の生活が安定しづらい傾向にあります。

9ハウス:探究心

9ハウスは、思想や専門的な分野を表します。

さらに知性を意味する水星や、とことんまでやり尽くす冥王星があるので、常に何かを学ぼうとしたり極めようとしてしまう傾向があるのではないでしょうか?

例えば勉強だけでなく、仕事や家事育児など、こうしたら効率が良くなるかも!と、テキパキこなそうとしてしまうとか…

あと、愛を表す金星があるので、未知の世界にとても興味を持ちやすいのかもしれません。単純に海外旅行や、占いのようなスピリチュアル世界などにも興味があるのかもしれませんね。

10ハウス:仕事

10ハウスは、キャリアや野心を表します。

ここに忍耐を表す土星があるので、Shantiさんは仕事への使命感が人一倍あるのではないかと思います。

また、Shantiさんには日々の労働を表す6ハウスに惑星がないので、生活のための仕事よりも、自分や社会のためになるような職に就きたいと考えているのではないでしょうか?

もちろん、ハウスに惑星がないのは悪いことではないです!あくまで自分が何に興味があるかということだけです。

11ハウス:友人

11ハウスは、仕事以外の交友関係を表します。

天王星は10ハウスの終わりにある(5度前ルール)ので、11ハウスに含まれます。天王星は革命や反抗を表しているので、常識に縛られない交友関係を求めているのかもしれませんね。

形だけの友達よりも、心から何かを共有したり、分かち合えたりするような…

また、夢や理想を表す海王星もあるので、Shantiさんの中には友人に対するイメージ像があるのではないでしょうか?

回答

ホロスコープを見ていると、Shantiさんは真面目で頭の良い方なんだなぁと感じました。

あと、家事育児だけでなく、仕事までも両立しようとするガッツがあるのも、Shantiさんの魅力なんだと思います。

だからこそ、限界を超えて頑張ろうとしてしまう傾向もあるのではないでしょうか?

では、まずは一つ目の「心を開ける友人ができない」という悩みから考えてみましょう。

心を開ける友人ができない

なかなか心を開ける友人ができません。


ということでしたが、ポイントは「いない」ではなく「できない」というところにあると思います。

とても社交的なホロスコープをお持ちなので、恐らく友人はいるのだと思います。でも、「心を開けるほどの友人」ができない。

それは、「開きたいけど開けない(勇気がない)」のか、「そもそも開く気がない(選んでいる)」のか、それともそれ以外の理由があるのか…答えはShantiさんの中にあるのだと思います。

しかしShantiさんはなぜ、心の内を誰かに話して分かってもらうという役割を、友人に求めているのでしょうか?

私個人の意見としては、その役割はご主人でも良いのではないかと思いますが、Shantiさんは友人にそれを求めています。つまり、ここにヒントがあるように思います。

8ハウスの月・火星と、11ハウスの海王星はスクエア(90度)なのですが、これは「心は自由でありたいのに、友達という理想に縛られる」ような関係です。

でも、それは決して悪いことではありません!理想があるということは、求める限りいつかチャンスを掴める可能性があるからです。

しかし友情は、温めるのには非常に時間がかかるものだと思います。そして心を開くということは、同時に心を開かれるということです。Shantiさんは、どんな人に心を開かれたいでしょうか?それを考えてみるのもいいかもしれませんね。

もしくは、今いる土地と限定せずに、いっそインターネット上で探してみるのもいいかもしれません。「新しい土地に必ず一人は心を開ける友人がいなければならない」というルールは、この世にないのですから。

もちろん、理想を変えるのは方法の一つにすぎないので、あくまでShantiさんの中の気持ちを大事にしてみてくださいね。

自分の人生をどう切り開けば?

どのように切り開いていけばよいのかモヤモヤしています。


Shantiさんの言葉には、悩みや迷いはあれど、不思議とネガティブさが感じられません。きっとこれまでも、真っ直ぐに人生を突き進んできたのかな、と思います。

人は誰しも、太陽の発達年齢域(26〜35歳)になると、自分の人生の目標を探し始めます。でも、もしかしたらそのことに、少しだけ疲れてしまったのかもしれませんね。

毎日、家事育児をこなすということは、それだけでとても大変なことだと思います。その上、仕事や自分の人生を考えるとなると…時間がいくらあっても足りません。

何かに時間を費やすというのは、何かの時間を削るということです。なので少しだけご主人と話し合って、Shantiさんの負担を軽くして貰っても良いんじゃないかな、と思います。

他にもベビーシッターや家事代行、ルンバや食器乾燥機など、今の時代には便利なものがたくさんあります。だからShantiさんが、一人で全て抱え込む必要はないのです。

でも、「どうしても全部自分でやりたい!」というのならば、うんとタフになるしか方法はありません。神様は基本的に、たくさんのものを与えてはくれないのです。

ちなみに私から見ると、すでにShantiさんはめちゃくちゃもの凄く頑張っているように思います!

もしくは、家の中で一人で家事育児をするのは、Shantiさんの性に合わないのかもしれません。だとしたら、まずは外に出て、自分の輝ける場所を見つけて、そこに行くための時間を少しでも作ってみてくださいね。

例えば、それは職場かもしれないし、趣味の集まりかもしれません。私にはそれがどこかは分かりませんが、ぜひShantiさんが楽しいと思える場所を探してみてくださいね。

もちろん、私の書いた言葉だけが正解ではありません。一番大事なのは、Shantiさんがどう感じて、どう行動するかだからです。

この回答で、少しでもShantiさんのモヤモヤが晴れるお手伝いができたのなら幸いです。メールを送ってくださって、とても嬉しかったです。ありがとうございました!